新型スペイドで車中泊

車中泊と言えば長距離移動や山中など両行する際に行うわけですが、どの車であっても言えることは寝るために快適な空間をつくることです。

 

スペイドは一見、車中泊に適していない車に思えますが、実は工夫次第で車中泊が可能です。

 

スペイドは寝る際に必要なスペースをシートアレンジだけでは作れないので、助手席や後部座席などにある隙間を埋めてフラット部分をつくる必要があります。

 

この面さえクリアしてしまえば快適な車中泊をすることが出来るのです。
他に気を付けて起きたいのは温度対策です。

 

夏と冬、どちらも対策していないと体調が悪くなってしまう原因になりますので対策しておく必要があります具体例を挙げるなら夏ならミニ扇風機などの冷房グッズを、冬なら毛布など暖房グッズを用意しておきましょう。

 

車中泊はホテルなどと違って予約する必要もありませんので自由に休むことが出来ます。
また一番大きなメリットとして低コストで済みます。

 

しかし車中泊もゴミは持ち帰るなどのルールを守ったり、出来るだけ人気のある場所で休むなどして安全を確保するなど基本的なことは守るようにしましょう。